ビットフライヤー(bitFlyer)とは?評判・口コミ、手数料まで徹底解説

仮想通貨・NFT

近年、仮想通貨取引の人気が高まっており、国内取引所も増えてきました。

中でも、ビットフライヤーは特に人気で、一度は聞いたことのある名前ではないでしょうか。
最近ではテレビCMに、ダウンタウンの松本人志さんを起用し注目を集めています。

今回はビットフライヤーについて詳しく、分かりやすく解説していきます。

海外取引所のBybitならスプレッドが狭く、日本語完全対応なのでおすすめです。

参考:【仮想通貨取引所】 Bybit(バイビット)とは? 

ビットフライヤー(bitFlyer)とは

ビットフライヤー(bitFlyer)は、ビットコインの取引量が国内No.1の仮想通貨取引所です。
さらに2020年3月には、ユーザー数が250万人を超え国内トップ水準となっています。

取引量が少ない取引所の場合、希望の価格で売買できなかったり、値が飛びやすく不利な価格で取引しなければならない可能性があります。しかしbitFlyerは国内で最大のビットコイン取引量を誇るため、希望の価格でスムーズに取引できます

会社概要

ビットフライヤー(bitFlyer)は2014年1月に設立された株式会社bitFlyerが運営する仮想通貨取引所です。

会社名株式会社 bitFlyer
設立2014 年 1 月 9 日
事業内容暗号資産交換業および金融商品取引業
資本金41 億 238 万円(資本準備金含)
代表取締役林 邦良
本社所在地〒107-6233 東京都港区赤坂 9-7-1 ミッドタウン・タワー
登録暗号資産交換業 関東財務局長 第 00003 号
金融商品取引業 関東財務局長(金商)第 3294 号
主要取引銀行株式会社三井住友銀行
会計監査人EY新日本有限責任監査法人

取扱通貨

ビットフライヤーでは、海外取引所のように何十種類もの通貨の取り扱いはありません。
しかし、国内の取引所と比べると比較的多くの仮想通貨の取り扱いがあります。

2022年3月現在、14種類の仮想通貨を取り扱っています。
取扱通貨は下記のとおりです。

  • ビットコイン(BTC)
  • イーサリアム(ETH)
  • リップル(XRP)
  • ポルカドット(DOT)
  • チェーンリンク(LINK)
  • テゾス(XTZ)
  • ステラルーメン(XLM)
  • ネム(XEM)
  • ベーシックアテンショントークン(BAT)
  • イーサリアムクラシック(ETC)
  • ライトコイン(LTC)
  • ビットコインキャッシュ(BCH)
  • モナコイン(MONA)
  • リスク(LSK)

ビットフライヤー(bitFlyer)の手数料

ビットフライヤーの手数料は下記の5つです。

  1. 取引所手数料
  2. 販売所手数料
  3. Lightning取引手数料
  4. 入出金手数料
  5. 送金手数料

1.取引所手数料

ビットフライヤーの取引所手数料は下記のとおりです。

約定数量 × 0.01%~0.15%(単位:BTC)

10万円未満は0.15%~5億円以上は0.01%となっています。

2.販売所手数料

ビットフライヤーの販売所手数料は、すべての通貨が無料です

しかし、スプレッド差が広いため、実質的にその差が手数料となります。

スプレッドとは、売値と買値の価格差のことです。
この価格差が狭ければ狭いほど利益を上げやすいということになります。

3.Lightning取引手数料

bitFlyer Lightningとは、ビットコインの現物だけでなく、ビットコインFXや先物取引、ビットコイン以外の現物取引に対応している取引所です。

bitFlyer Lightningは「プロ向け取引所」となっています。

bitFlyer Lightningでの手数料は下記のとおりです。

Lightning現物の手数料

【BTC/JPY、XRP/JPY、ETH/JPY、XLM/JPY、MONA/JPY】
 約定数量 × 0.01%〜0.15%

【ETH/BTC、BCH/BTC】
 約定数量 × 0.20%

Lightning FXの手数料Lightning Futuresの手数料
 無料

4.入出金手数料

入金手数料

ビットフライヤーでは下記の3つの入金方法があります。

  • 銀行振込
  • ネットバンキング経由で入金
  • コンビニ入金

入金手数料と入金のタイミングは下記のとおりです。

入金方法手数料入金タイミング
銀行振込金融機関によって変動原則 翌営業日
住信SBIネット銀行無料原則 即時反映
イオン銀行330円原則 即時反映
その他ネット銀行330円原則 即時反映
コンビニ330円原則 即時反映

住信SBIネット銀行からの入金のみ手数料が無料となっています。

出金手数料

出金をする場合、3万円以下と以上で手数料が変わるので注意が必要です。

出金先3万円以下の出金3万円以上の出金出金タイミング
三井住友銀行220円440円原則、翌営業日まで
三井住友銀行以外550円770円原則、翌営業日まで

5.送金手数料

ビットフライヤーでビットコインの送金手数料は0.0004BTCです。

ビットコイン以外の通貨の送金手数料は以下のとおりです。

イーサリアム0.005ETH
イーサリアムクラシック0.005ETC
ライトコイン0.001LTC
ビットコインキャッシュ0.0002BCH
モナコイン無料
リスク0.1LSK
リップル無料
ベーシックアテンション
トークン
5BAT
ステラルーメン無料
ネム3XEM
テゾス0.1XTZ
ポルカドット0.1DOT

ビットフライヤー(bitFlyer)の5つのメリット

ビットフライヤーには5つのメリットがあります。

  1. セキュリティが安心
  2. 1円からビットコインを購入できる
  3. 電話でのサポート
  4. スマホアプリがある
  5. 口座開設は最短10分

1、セキュリティが安心

ビットフライヤーは、業界最長の7年以上ハッキングがありません。

強度の高い暗号化技術によってSSL通信を行ったり、不正アクセスの常時監視やファイア・ウォールによる社内環境の防御などを行ったりしています。

さらに80%以上の資産をコールドウォレットに保管しており、これもセキュリティを意識した対応といえます。

コールドウォレットとは、インターネットと完全に切り離されたウォレットのことをいいます。コールドウォレットを利用することで、バックドアなどの不正アクセスによって仮想通貨が盗まれることがなくなります。

2、1円からビットコインが購入できる

ビットフライヤーでは、ビットコインやイーサリアムなど14種類の仮想通貨を、1円から購入することができます。

仮想通貨は何十万、何百万かかるイメージがありますが、小額から始めれるので初心者の方でも安心して、取引をすることができます。

3、電話でのサポート

ビットフライヤーでは電話によるカスタマーサポート対応を行っています。

ほかの取引所ではメールのみのやり取りしかない場合があります。
しかし、ビットフライヤーでは電話によるサポートがあるので、初めて仮想通貨を売買する方でも、安心して始めることができます。

電話番号は下記のとおりです。

お取引やサービスに関するお問合せ: 03-6434-5864
不正ログインなど不正利用のご相談: 03-6434-7957
bitFlyerのサービスに対する苦情やご相談: 03-6434-7624
※電話窓口の営業時間は 平日 9 時 30 分 〜 17 時 30 分
※ 日本語のみ対応
※ 通話料は有料

4、スマホアプリがある

ビットフライヤーのアプリ画面

ビットフライヤーには、専用のスマホアプリがあります。

ビットコインを貰えたり、Tポイントをビットコインに交換したりお得なサービスもあります。

また、仮想通貨を送金する際は、2段階認証が必須となっており、セキュリティ面も非常に強くなっています。

5、口座開設は最短10分

ビットフライヤーでは、口座開設までの流れが非常にシンプルで、簡単に登録することができます。

大まかな流れは下記のとおりです。

  • メールアドレス登録
  • スマホで本人確認
  • 日本円の入金

初めての方でも簡単に口座開設をすることができます。

ビットフライヤー(bitFlyer)のデメリット

ビットフライヤーのデメリットは下記の2つあります。

  1. 売買は販売所がメイン
  2. 急な口座凍結もある

1.売買は販売所がメイン

ビットフライヤーでは「ビットコイン」と「イーサリアム」以外の仮想通貨は、販売所での取引のみとなっています。

取引所でなく販売所での売買は、スプレッドが差が広くなってしまいます

スプレッドとは、売値と買値の価格差のことです。
この価格差が狭ければ狭いほど利益を上げやすいということになります。

スプレッドの解説

長期保有をする場合はまだよいのですが、頻繁に売買されたい方は他の取引所を検討した方がよいでしょう。

海外取引所のBybitならスプレッドが狭く、日本語完全対応なのでおすすめです。

参考:【仮想通貨取引所】 Bybit(バイビット)とは? 

2.急に口座凍結もある?

実業家の青汁王子こと三崎優太さんが、Youtubeに投稿した動画によるとある日突然口座を凍結されてしまったようです。

その後、問い合わせをしても一切凍結理由を教えてもらえなかったそうです。

口座には数百円しか入っていなかったようですが、悪いことをして凍結されても仕方ありませんが、何もしていないのに突然凍結は少し怖い印象です。

ビットフライヤー(bitFlyer)の評判・口コミ

ビットフライヤーには下記のような口コミがあります。

良い口コミでは、「使いやすい」や「チャートが見やすい」などが多くありました。

悪い口コミでは、「取り扱い通貨が少ない」や「手数料が高い」などがありました。

海外取引所と比べ国内取引所は、取扱通貨が少なかったり、スプレッドが広かったりします。
しかし、これはビットフライヤーに限ったことではなく、国内取引所すべてにいえるデメリットになります。

海外取引所のBybitならスプレッドが狭く、日本語完全対応なのでおすすめです。

参考:【仮想通貨取引所】 Bybit(バイビット)とは? 

コメント

タイトルとURLをコピーしました