Polaris Office(ポラリスオフィス)ってなに?メリット、デメリットは?

中古パソコン

一般的に文章作成や、表計算のソフトというと「Microsoft Office」を思い浮かべる方が多いと思います。

国内メーカーのほとんどの新品パソコンには、Microsoft Officeがインストールされています。
しかし中古パソコンや海外メーカーのパソコンにはインストールされていない場合が多々あります。

そんな時、Microsoft Officeを購入しようと思うと、3万円~4万円ほどの金額がかかってしまいます。

今回紹介するPolaris OfficeはMicrosoft Officeと互換性もあり安価なので簡単な文章作成や表計算をしたい方におすすめです。

ポラリスオフィスとは

Polaris Office(ポラリスオフィス) は全世界で9億台以上のインストール実績がある 総合Office ソフトです。

Microsoft Office Word、Excel、PowerPoint、PDF、ODF、TXTなど、さまざまなソフトとの互換性を備えています。

また、クラウド連携によりスマートフォンやタブレットとシームレスにデータを共有できます。

機能一覧

Polaris Officeには主に、文章作成・表計算・プレゼンテーションの3つの機能があります。

Microsoft Officeとの比較は下記のとおりです。

Microsoft OfficePolaris Office
文章作成WordWORD
表計算ExcelSHEET
プレゼンテーションPowerPointSLIDE

ポラリスオフィスの料金は?

Polaris Office はパッケージ版、ダウンロード版ともに税込4,378円で購入できます。

Microsoft Officeの約10分の1の価格で購入できるので、安価に文章作成や表計算をしたい方におすすめです。

Polaris Office Microsoft Office
4,378円38,284円

ポラリスオフィスの動作環境

パソコンの動作環境です。

スマホやタブレットで使用する場合は、 Android 4.0以上 / iOS 8.0以上 が必要です。

ライセンスパソコン1台(無期限)+デバイス2台(Basic版)
OSWindows10
Windows8.1
(Windows8の方は8.1にアップデートが必要)
Windows7(SP1以降)
CPU推奨:Core i3以上
メモリ最小:2GB
推奨:4GB以上
ハードディスク空き容量:1GB以上
ディスプレイ最小:1600×900
最大:1920×1080
その他インターネット環境必須
モバイルアプリAndroid 4.0以上 / iOS 8.0以上

入出力対応フォーマット

【入力】
.doc, .docx, .xls, .xlsx, .csv, .odt, .ppt, .pptx, .pdf, .txt
【出力】
.doc, .docx, .xls, .xlsx, .csv, .ppt, .pptx, .pps, .ppsx, .pdf, .odt, .txt

ポラリスオフィスのメリット

Polaris Office の一番のメリットは強力な互換性にあります。

会社の資料や町内会の資料などの、編集が必要な場合レイアウトが崩れることなく作成することができます。

ただし100%互換ではなく、マクロに対応していなかったりなどするので注意が必要です。

重要な資料の編集など、絶対にレイアウトが崩れてはいけない場合は、Microsoft Officeを購入することをおすすめします。

ポラリスオフィスのデメリット

安価で互換性の高いPolaris Officeにも、デメリットがいくつかあるので紹介します。

・マクロに対応していない
・アップデート時、ウイルス対策がブロックする場合がある
・Linuxに対応していない

Microsoft Office互換ソフトでよくあるのですが、マクロには対応していません。

仕事で使う以外にマクロは、ほぼ使用しないので町内の資料などの普段使いの方は気にする必要がありません。

稀に Polaris Office のアップデート時に、ウイルス対策ソフトがブロックしてしまう事が報告されています。

OSはWindowsとMacのみの対応なので、Linuxのパソコンでは使用することができません。

ポラリスオフィスの口コミ

このように高い互換性があり、口コミの高評価なものが多いです。

まとめ

Microsoft Officeは高額なため、購入したPCにオフィスソフトがインストールされていなかった場合に、購入をおすすめします。

中古パソコンに、Polaris Officeを標準インストールしてあるショップもあるので、中古パソコンを検討している方は 『パソコン市場』での購入をおすすめします。

参考:【2022年】初心者向け!おすすめの中古パソコン専門ネットショップ

コメント

タイトルとURLをコピーしました